今回も私が普段愛用しているギターの紹介をしていきます。

FullSizeRender


今回のブランドは、ルシアーオーダーギター、azucarというブランドのaz-335-sというモデルです。
このギター、関西在住のルシアー、山本淳二さん制作のモデルで、現存するのも僅か4本程というとても貴重なギターで、その内の1本は日本が世界に誇るジャズギタリスト、増尾好秋さんが実際にライブやレコーディング等で使用されたギターです。

ギターの特徴としては通常のセミアコよりは若干小柄ですが、作りや仕上げがかなり丁寧に作られており、更にオールラッカー仕上げに加えて重さが3kg程というとても素敵なセミアコです。
 
 
私のギターですが、こちらは増尾好秋さんのサブ機として作られた物で、私自身でピックアップをGibsonの Timshow PAFに、コンデンサーはヴィンテージのブラックビューティに交換してます。特徴的なのはネックがショートスケールな事。最初はレギュラースケールで慣れた私でもどうかと思いましたが、思っていた以上に弾きやすく、ネックの仕上げが良いのもありとても弾きやすい、使いやすいギターです。我が家のギターの中ではとても新しいギターなのですが使いやすさではベストですね。
 
 
音は生音が意外にも大きくアコースティックな鳴りがあり、かと思えばアンプに通すとエアー感が良い上にサスティンがよく聞き気持ち良いクリーン、クランチサウンドを聞かせてくれます。
 
 
前に紹介した2本のフルアコは完全にジャズメインでの使用なのですが、このギターはフュージョン、POPS、ロック、ブルース何でも対応できとてもオールマイティなギターです。

FullSizeRender



FullSizeRender

増尾好秋さんのサイン。



IMG_1371

実際に増尾好秋さんもライブやレコーディングで使用してます。


IMG_1367

とても貴重なギターです。
中々、というか先ず楽器店などでもお目にかかる事のないギターなので(そりゃあ絶対本数が4本では先ずないですよね)、手元にあるだけでもとても貴重な存在ですね。



また次回はこれら以外のモノを紹介できたらと思います。