~ 写遊人 ~ Photo Blog

風景写真家三浦俊裕の日々の撮影、出来事を主にした撮影日記。 日常の遊び、つぶやきを盛りいれた写真ブログ。

Photographer TOSHIHIRO MIURA
写真家 三浦俊裕


1966年 名古屋生まれ
風景写真家として幅広く活動してます。主に中部、近畿、関西地区を中心に全国の四季の風景、そして海外の風景を撮影しております。合わせて教会建築撮影、棚田撮影を専門的に扱っております。2012.2013春に名古屋にて、他に2016年2月に3weekに渡り個展を開催。只今Amazonにて電子書籍写真集、全9集発売中です。

HP:http://siratoriyasumi.jimdo.com/
Facebook:https://www.facebook.com/PhotographerHomiSiratori


DSC_0488




撮影機材 NikonD500 + SIGMA 17-50 F2.8 EX DC OS
撮影 三浦俊裕


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


DSC_0116




撮影機材 NikonD500 + SIGMA 17-50 F2.8 EX DC OS
撮影 三浦俊裕


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近のスマホの音楽配信の勢いは凄いものがありますね。最近の曲から昔懐かしいもの、ポップス、ロック、ジャズ、クラシック、洋楽、邦楽…etc。殆どが著作権フリーでダウンロード出来る時代になってきました。

写真業界もしかり、最近では格安でのダウンロードや電子書籍といった媒体の登場でこちらも大きく変わろうとしてます。



著作権フリーという時代、利用者にとってはとてもありがたい事なのですが、作り手側にとっては結構死活問題になってきます。自分たちで精魂込めて、時間かけて仕上げてきたものが自分たちの権利を外れていくわけですからやはり寂しいものもありますし、なにより単価がなくなっていくので飯が食べていけなくなるという不安に駆られてしまいますね。

D61_0220 (2) (1704x1138)



今の時代、電子化の波にのって書籍、CD、DVD等が売れにくくなってます。これらもそういった流れを速めている要因の一つかなと思わざるを得なくなってきてますね。

先日、ある用事で清里に行き、写真家の吉村和敏さんとお話しした中でもやはりこの話が出てきました。写真家の皆さん、特にこの世界で飯を食べている方々は将来への不安をぬぐえないようですね。

近い将来、いやおそらく10年後には写真の世界でも著作権フリーの時代がやって来ることはまちがいないでしょう。

新しい時代なのでしょうかね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


DSC_0115





撮影機材 NikonD500 + SIGMA 17-50 F2.8 EX DC OS
撮影 三浦俊裕


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


DSC_0112


DSC_0108




撮影機材 NikonD500 + SIGMA 17-50 F2.8 EX DC OS
撮影 三浦俊裕

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ